トレンド101

日常生活に役立つ情報を発信!

年賀状 会社の部下や後輩に送る一言 、文例のまとめ

   


○年賀状の一言メッセージ~部下や後輩

後輩とはもちろん部下も含まれているわけですが、後輩・部下だからといって同僚に対するようなフランクな内容にすると、あなたとの距離を近づけ過ぎることになり、極端な話ナメられるかもしれません。
ですので、会社の後輩・部下に対しては、先輩・上司としての威厳を損なわないように、それなりにきちんとした一言を添えてやります。

・今年はさらなる成長を期待しています。
・今年もさらなる飛躍を期待しております。
・昨年の○○の成長ぶりには驚いています。今年はさらなる成長が期待できそうですね。
・○○がいてくれるおかげで いつも助かっています。
・今年は更に求めることが大きくなるが ぜひ私に付いてきて欲しいです。
・○○君の成長ぶりは頼もしいかぎりです。今年もさらなる飛躍を期待しています。
・結婚をして家族ができたのだから健康にも気をつけてください。
・昨年は父親になったことだし、家族のためにより努力が求められます。期待しています。
・○○のような部下に出会えて本当に感謝しています。
・チームの雰囲気が良いもの○○君のおかげです。感謝しています。・今年もその調子でチームを盛り上げいって欲しいです。

後輩の成長を褒めたり、今年の活躍を期待するような前向きな一言を添えてあげましょう。

部下の場合は、激励の言葉を入れて、やる気を出してもらいましょう。
一人の力はどんなに優秀な人でも限られています。
出世には人望が大切です。
普段から目をかけいるアピールも良いかもしれせん。

・○○さんの去年の頑張りは、部署のみんなが評価していましたよ。
今年もその経験を活かし、さらに会社の戦力になってくれるよう期待しています。
・昨年は、慣れない業務の中、非常に努力してくれて感謝しています。
 今年も更なる成長を期待しています。
・○○さんの仕事への前向きな姿勢に、大変感心しました。
 今年も更なる成長を期待しています。

会社の部下へは、堅苦しい文でなくてもよさそうですが、仕事にやる気が出るように
促す文がいいでしょう。

仲の良い部下に対しては日頃一緒にしていることなどを想像すると書きやすいです。逆にそうでもない部下は上司以上になんて書けばいいのかわからないですよね。そんなときは無理にひねらずに無難だと思う一言を選ぶと良いでしょう。

◆今年も共に頑張りましょう!
◆○○さんのますますの成長が楽しみです。
◆今年の○○プロジェクト!頼みます!○○さんの力が必要です。いつもありがとうございます。
◆一緒に今度飲みに行きましょう!仕事上の悩みがあれば、いつでも聞くので連絡ください。

部下にも感謝の気持ちの文章を必ず入れてみてください。貴方の為に動いてくれるようになります。

○年賀状の一言メッセージ~部下や後輩 シチュエーション別文例

・昨年の活躍は素晴らしかったですね
・本年もさらに大きく飛躍してください
・着実に成果を上げていて頼もしい限りです
・昨年のめざましい活躍におどろきました今年も期待しています
・いつも頑張るその姿はチーム皆の励みです

・昨年の実績ををさらに上回るような頑張りを期待しています。
・〇〇さんの更なる成長を期待しています。
・〇〇君の仕事への取り組み方は 見ていて頼もしい限りです。
・〇〇さんの向上心にはいつも驚かされます。
いつも職場の雰囲気を明るくしてくれてありがとう。
・〇〇さんの昨年の活躍には眼を見張るものがあり、頼もしい限りです。
・今年は目標の〇〇を達成できるよう、力を合わせて頑張りましょう!
・去年の〇〇では良い仕事をしてくれてありがとうございます。
・今年もいっしょに頑張って会社を盛り立てていきましょう。
・忘年会では幹事役ごくろうさまでした。おかげで楽しい一年を締めくくることができました。

日頃の頑張りや活躍、成長ぶりを称え、これからを期待しているといった気持ちが伝わる一言にしましょう。

・今年も一緒に頑張ろうね!
・今年もいろいろあると思いますが一緒にがんばりましょう
・困った時は相談にのるからね
・あまり休ませてあげられないけど健康第一でがんばろうね
・昨年はありがとう今年も頼りにしています
・いつもサポートありがとう助かっています
・忙しい中いつも頑張ってくれてありがとう
・いつも笑顔でいてくれてありがとう

・今年もよろしく!プライベートでも絡んでね!笑
・昨年は大変お世話しました(笑) 今年はあまりお世話させないようにしてね
・赤ちゃんはとってもかわいいです
・昨年はお世話になりました 頼りない私ですが今年も一緒に頑張りましょう
・ゆっくり休みを満喫したらまた仕事頑張ろう!
・今年はもっとゴルフにいきましょう
・昨年はありがとう 今年も元気バリバリ宜しくね
・今年はもっともっと成長して俺を楽にしてくれ!頼んだぞ!
・お疲れ様です 頼りない先輩ですがこれからもどうぞ宜しくお願いします
・いろいろあるけど一緒に頑張ろうね

同じ一言でも、決まりきった言葉ではなく、こういう気持ちのこもったメッセージが書かれていると嬉しいものです。

・お酒の美味しいお店を教えてくれてありがとう
・引っ越したから今度みんなで遊びに来てね
・この間の女子会楽しかったね
・いつも誘ってくれてありがとう
・新年会の企画ありがとう楽しみにしてるね

・今年こそは一緒に合格しましょう
・悩みがあったら相談に乗るからね
・今年も良い仕事を沢山して美味い酒を沢山飲もうぜ!
・今年も互いに沢山成長できる年になれたらいいね♪
・今年もいろいろとあるかもしれないけど頑張ろう 困った時は相談にのるよ
・毎日が充実したものになると良いですね 今年も期待しています
・楽しいイベントを考えておいてね
・今年も張り切ってがんばろうね!
・流行りのお店に連れて行ってね
・また一緒に飲みに行こうね
・一緒に仕事盛り上げていこうね!

具体的な内容や事柄、実際にあった場面、二人で共有できる話題などが書かれていると印象に残りますので、プライベートな内容をうまく織り交ぜながら、あなたらしい心のこもった一言を考えてみてくださいね。

・毎日が充実した年になりますように
・お互いに成長の一年になりますように
・○○にとって素晴らしい一年になりますように
・幸せな一年を過ごしてくださいね
・健康第一!

・今年もさらなる活躍を期待しています
・今年も一緒に頑張ろう!
・今度一緒に飲みに行こう!何か希望店があれば連絡お願いします
・笑顔は最高のラッキーアイテムです
・困った時には力になるよ
・今年も笑顔で働こう!なんでも相談にのるからね!
・仕事にも慣れてきたみたいで頼もしいです 今年もがんばってね

仲良しの部下とそうでもない部下に送る一言はもちろん変わると思いますので、ここは無難なものを選んでもいいと思いますよ。

○年賀状 部下に送る文例集

迎 春
昨年は、ΟΟプロジェクトの裏方としてプロジェクトを支えてくれたこと、私を含め皆が高く評価しています。
今年が、○○君にとって更なる飛躍の年となるよう、より一層仕事に励んでくれるものと期待してます。
平成二十九年元旦
〒***-****
○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番Ο号
TEL **-****-****
年賀 城一郎

健康を気使う文例

新年おめでとうございます
昨年は新しい仕事も増えて忙しく過ごしましたね
今年こそは一緒に禁煙して
お互い健康に楽しく働きましょう

謹賀新年
昨年はダイエット情報を教えてくれてありがとうございます
「脱メタボ」を目指して 一緒に頑張りましょう
今年もよろしくお願いします

部下に送る年賀状での挨拶の書き方は基本的に「迎春」や「賀正」になります。「謹賀新年」は上司や目上の方向けの書き方ですが、部下に使ってもかまいません。また、「祝」や「寿」など一文字でもよいです。

迎 春
日々骨の折れる事務作業ばかりですが、嫌な顔一つせず頑張る○○さんのことを皆もありがたく思っています。
今年も○○さんらしく明るい笑顔で皆を和ませつつ、仕事に励んでもらえるものと期待してます。
平成二十九年元旦
〒***-****
○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番Ο号
TEL **-****-****
年賀 城一郎

オーソドックスな文例

あけましておめでとうございます
昨年一年お疲れさまでした
大変な仕事を不平も言わず 頑張ってくれて 本当に感謝しています
今年も元気いっぱいで 社内を明るくしてください

新年おめでとうございます
昨年中の○○君の活躍たいへん嬉しく感じています
今年もその頑張りで
さらに大きく飛躍してください
本年もよろしくお願いいたします

「明けましておめでとうございます」や「新年、謹んでお祝い申し上げます」という書き方はシンプルで人を選ばず万人に使うことができる書き方なので、年賀状を印刷する場合は、こちらの書き方を使うのがよいでしょう。

迎 春
貴君の昨年の活躍にはめざましいものがあり
私としても頼もしい限りです
本年も地道な努力で確実に成長してください
大いに期待しております
平成二十八年 元旦
※部下の旧年中の活躍を讃え、新年の飛躍を期待する文例です。

期待を込めた文例

あけましておめでとうございます
昨年は○○で大活躍でしたね
今年は△△の資格取得に挑戦すると聞きました
一層のスキルアップに期待しています

あけましておめでとうございます
昨年は大きな企画が無事に通ってよかったですね
○○君の頑張りに負うところが大きかったと思っています
今年もいっしょに新しい案件に取り組みましょう

年賀状に「元旦」という書き方ができるのは「1月1日」に相手に届く年賀状のみです。部下の年賀状は上司宛てと比べて、ついつい後回しにしてしまいがちですが、後回ししてしまったときには、間違って「元旦」という書き方をしないように気を付けましょう。

「昨年中の○○君の活躍、私を含め皆が高く評価しています。今年もその頑張りでさらに大きく飛躍してください。本年もよろしくお願いいたします。」という書き方です。冒頭の新年の挨拶は省略しています。年賀状では、部下の昨年のがんばりを評価し、年明けの仕事始めに部下がモチベーション高く仕事に取り組むことができるような書き方をしましょう。

新年おめでとうございます
昨年一年ご苦労様でした
大変な仕事を不平も言わずよくやってくれて
本当に感謝しています
今年も元気いっぱい社内を明るくしてください
今年がさらに飛躍の年となることを願っています。
平成29年 元旦

部下に日頃の感謝を伝える文例
「昨年一年ご苦労様でした。大変な仕事にも不平を言わず頑張ってくれてありがたく思っています。今年も○○君の働きに期待しています。今年もよろしくお願いいたします。」という書き方です。この年賀状の文例では、上記の文例に加えて、日頃の感謝も伝える書き方になっています。
上司の方から部下に「ありがとう」を伝えることは、実は非常に難しいことです。通常の業務内では、なかなか改まって「ありがとう」という感謝の気持ちや言葉を伝えることはないでしょう。そんな方は、年賀状をチャンスととらえて、部下に日頃の感謝を伝えましょう。上司からの感謝の言葉は、部下にとってもまた励みとなります。

部下だからといって、印刷しただけ年賀状を送る上司もいますが、これでは部下のモチベーションを上げることはできません。上司宛の年賀状ですでに書き疲れたという方もいるかもしれませんが、どんなに短くてもよいので、一言は部下にあてた自筆のメッセージを添えるようにしましょう。

 - Uncategorized

男性ホルモン