トレンド101

日常生活に役立つ情報を発信!

一人暮らしの水道光熱費が気になる・・。節約術

   


▼水道代

お風呂、トイレ、キッチン、洗濯、洗面所・・・
といったように生活していく上でとても重要な役割を果たしています。

・お風呂

必ず活用してもらいたいのが「節水シャワーヘッド」です。
節水シャワーヘッドとは、シャワーの出る穴の数を少なくして、水の量を減らすことができる節約グッズです。約40%の節水をすることができます。

このようなグッズを使うと良いですね。また、シャンプーをしているときなどは必ず止めるようにしましょう。

また、お風呂にお湯を張って浸かりたい。という方は設定されている上限よりも何センチか少なくすることを勧めます。1センチだとしても・・・体積で考えたらぞっとします。また、嫌でない方は2日連続くらいなら再沸騰の方が安くなると思います。

・トイレ

トイレで節約!?なんて思う方もいると思いますが、とても簡単です。
帰宅するとき、家に着くまでにどこかで用を済ます、ということです。なるべく綺麗で落ち着くような場所を探しましょう。月で30回分程度となります。

・キッチン

キッチンでは、洗い物をするときなるべく止めるようにしましょう。

飲みかけなどを流すだけでも、下水の水道代に関わってきます。その辺も注意!!

・水道のまとめ

1、基本は流しっぱなしにしない!
2、トイレは外で済ましてから家に帰る!
3、数センチが大きく関わってくる!

▼電気代

光をつける、部屋を冷ます、部屋を暖める、デバイス機器を充電する、その他コンセントを使用するものなどさまざまなものがあります。

・コンセント

待機電力は年間の電気代の6%を占めると言われています。

かなり個人差はあると思いますが、驚きの数字です。
なるべく外出中使っていないものは抜いておくようにしましょう。

延長コードなどは、オンオフ切り替えのできるものが良いと思います。

・エアコン

夏、冬と使う頻度が多くなり使う時間も長くなるので、温度設定や風力に気を付けましょう。

また、関連事項として扇風機があります。日中部屋を開けてて、夕方以降帰宅などに使えるです。窓(網戸)がある部屋のオススメとしては、扇風機を外(網戸)側に向けると良いです。部屋全体の空気を吸って、外の冷たい空気を入れることが可能です。

【エアコンの電気代】待機電力をカット⇒待機電力だけで103円の電気代を消費してしまいます。コンセントはしっかりと抜きましょう。

 - Uncategorized

男性ホルモン