トレンド101

日常生活に役立つ情報を発信!

恋愛のアプローチ方法ひたすらまとめてみた!

   


アプローチ方法

最近気になる人ができたあなた、誰かに片思いをしているあなた、
好きな相手へどうやってアプローチをすれば良いか悩んでいませんか?

せっかく好きな人ができたのですから、妄想の世界で恋愛を楽しむだけだなんてもったいない。

LINEはどのぐらいの頻度で送るのが良いのか、電話で何を話すか、デートですべきことなどを解説します。

「当たって砕けよ」という言葉がありますが、毎回砕けていては身が持ちません。

当たって砕けずに成功できるアプローチ方法を習得してください。

アプローチの仕方が分からない?

恋愛については学校で教えてくれるわけでもなく、自分で経験値を上げていくことでしか対処できません。

経験値を上げていかなければ、いつまでたってもアプローチの仕方がわからないままです。

そう、2人が恋人関係になることは絶対にないのです。

本当にそれで後悔しませんか?

相手からのアプローチを待っているだけの毎日はもう終わりにしませんか?

アプローチ方法で変わる男心、女心

恋愛も同じこと。

お客さん=好きな相手、売り込む=アプローチする、です。

好きな相手によってあなた自身の売り込み方を工夫するのです。

好きな人の男心、女心をがっちりつかみましょう。

うまくいくもいかないもアプローチ次第!

恋に発展するかしないかはまさにアプローチ次第。好きな人と結ばれるかどうかが左右されます。

これから恋を成功させるアプローチ方法をご紹介していきますが、残念ながら「絶対に失敗しないアプローチ方法」というのは存在しません。

それは相手のことを好きな気持ちです。

好きな人のことをしっかり研究すれば、失敗を未然に防ぐことができるはずです。

八百屋の前を偶然通りかかったお客さんではないのです。

では、好きな人のことを考えながら、恋愛を成功させる10のアプローチ方法を見ていきましょう。

まずはメール・LINE!

1. 1日1回はしつこい?どのぐらい連絡すれば良いか

第1段階はLINE・メールです。

頻繁に顔を合わせる関係であったとしても、ぜひ連絡先の交換をしておきましょう。

LINEやメールはアプローチのマストアイテムです。

さて、勇気を振り絞って連絡を取り合う仲になれたとして、どれぐらいの頻度で連絡すれば良いのでしょうか?

恋が実りお付き合いをし始めれば2人のペースで良いのですが、まだその前の段階であれば毎日は送り過ぎです。

せめて数日間に1度程度が良いでしょう。

そして連絡する時間帯も大切です。

早朝や深夜はもってのほか。

仕事中や授業中に電話が鳴ってしまうとまずいのであれば昼間も控えた方が良いかも。

昼休みや夕方など、相手の都合が良く返信しやすい時間帯に送るようにします。

2. 用事がないのに連絡してもいい?

LINEやメールで大切なことは内容です。

何か用件があればその用件を書きますが、用事がないことの方が多いですよね。

用事がない場合でも、用事や話題を必ず作りましょう。

無理やりにでも構いません。

間違っても「用事はないんだけど、今日○○へ行ってすごく楽しかったよ」といった自分本位の内容にならないように。

用事を作る方法は簡単です。

共通の他人や事柄を利用するのです。

同じ会社の人であれば、同僚の連絡先について質問する、

学生の場合は、授業や行事について教えてもらう、
同じ趣味を持っているのであればその情報を伝える、
などです。

3. ちょっと押してちょっと引く、を繰り返す

恋の駆け引きとは、
・LINEの返信をすぐにしない
・あえてそっけない態度をとる
・デートに誘われても1度は断る
などです。

代わりにおすすめしたいのが、ちょっと押してちょっと引くを繰り返すことです。

LINE・メールの頻度は押し過ぎず引きすぎない絶妙のタイミングで送る、1度連絡したら次の連絡まではちょっとだけ間をあける、などです。

次のステップ「電話」

4. 電話は最強のアプローチ方法

好きな相手へのアプローチ方法の主流はやはりLINEやメールですが、決して電話がNGなわけではありません。

LINEやメールが主流だからこそ電話は最強のアプローチ方法といえます。

理由は、電話は必ず1対1でのコミュニケーションだから。

だからこそ、電話をたくさんかけてしまうのはNG。
相手に負担をかけてしまいます。

相手の時間を使わせてもらっていることを理解して、多くても週に1回~月に1回程度に抑えておきましょう。

5. 電話で何を話す?

電話をしよう!と思い立っても、LINEやメールと同様に用事がないことの方がほとんどのはず。

電話は相手の時間を奪ってしまうことになるので、話題がないというのは絶対に避けて。

大切なポイントは共通の話題です。

電話をする前に、2人に共通する話題を必ず準備しておきましょう。

共通の友人、共通の趣味、学校や職場、ドラマや映画など共通の話題があれば、電話で盛り上がれる可能性があります。

逆に言えば、共通の話題がなければ電話をすることはおすすめできません。

また、LINEやメールでコミュニケーションを深めておいた方が良い段階です。

 - Uncategorized

男性ホルモン