トレンド101

日常生活に役立つ情報を発信!

【線維筋痛症】風、音、光が当たるだけで激痛が走る 【原因と治療法】 「仰天ニュースで話題」

   


線維筋痛症とは

線維筋痛症とは、全身的慢性疼痛疾患であり、全身に激しい痛みが起こる病気です。

全身や広範囲が痛み、またある部分だけが痛むことがあります。
その痛みは軽度のものから激痛まであり、耐え難い痛みであることが多いです。痛みの部位が移動したり、天候によって痛みの強さが変わったりすることもあります。痛みが強いと日常生活に支障をきたすことが多く、重症化すると、軽微の刺激(爪や髪への刺激、温度・湿度の変化、音など)で激痛がはしり、自力での生活は困難になりますが、重症化する前に早めに受診して対策することが必要です。

まだあまり名前の知られていない病気のため理解されないことも多いですが、決して「詐病」や「怠け病」などではありません。

原因は何か?

原因はまだ未解明ですが、中枢神経の異常によって痛みの回路が変わり痛みを増幅させているのではないかと考えられているようです。
また、肉体的・精神的ストレスや事故、手術等が引き金となって発症するのではないかとも言われています。

治療方法は?

線維筋痛症は原因不明のため、現状では残念ながら根治療法はありませんが、これまで数多くの薬物療法や非薬物療法が試みられてきました。治療原則は不必要な治療をできるだけ排除し、患者・家族に病気を理解し、受容し、睡眠の調整、適正な有酸素運動を行い、医療側・家族や周囲が患者を支援することです。

線維筋痛症の治療目標は痛みの完全な消失でなく、痛みやその他の自覚症状の緩和をはかり、病気発症で失った生活機能の改善を目指すことです。

なにより、周りの理解が大切。

日本では医療者、国民ともに線維筋痛症に対する認知度が低いため患者は耐えがたい痛みのみならず周囲の無理解、誤解で精神的苦痛も強い状況にあるため、患者会「NPO法人線維筋痛症友の会」が組織され支援活動を行っています。

 - Uncategorized

男性ホルモン