トレンド101

日常生活に役立つ情報を発信!

季節の変わり目、秋は肌が敏感に…取り入れたいスキンケアはこれ!

   


季節の変わり目「秋」は肌も敏感に

肌の生まれ変わる日数は28日周期で、肌の細胞が入れ替わることを「ターンオーバー」と言います。秋に肌トラブルが多発するのは、肌がダメージを受けても、実感できるまでに時間のズレが生じることがひとつの要因です。なので、8月9月に受けた紫外線のダメージが、10月ごろに表立って見えることがあります。

秋バテの魔の手はお肌にも…。

夏の間に浴びた紫外線の刺激や、エアコンの乾燥、汗や皮脂による毛穴詰まり…こういった肌の疲労が秋にどっと出てくる事があるんですよ。

▼夏の紫外線による肌疲労

秋は、夏に受けた紫外線で発生したメラニンが、お肌が代謝していく中で表面に上がってくるタイミングです。出来るだけ早く追いだしてしまいたい所ですが、紫外線ダメージを受けたお肌は、代謝が停滞気味になり、黒い肌細胞が長く留まってしまいがちです。

▼寒暖差で乾燥が進む!

暑かったり寒かったりエアコンきいてたり…。

気温の変化はそれだけでも体にとってもお肌にとってもストレスになります。ですから寒暖の差が激しい春先や秋口などは肌トラブルが増えるんですね。急に温かくなれば皮脂の分泌が増えてニキビが出来やすくなったり、急に寒くなると乾燥がひどくなったり。

敏感肌は生まれつきじゃなかった!?

実は、医学的に「敏感肌」という病名はありません。強い洗剤や化粧品を使った時に肌が荒れたり、赤みが出たり、衣類が原因でピリピリしたりするなど普通の人より反応しやすい肌を一般に「敏感肌」と呼んでいるようです。

え、生まれつきじゃないの!?

敏感肌とは、化粧品や洗顔料・紫外線といった「外からの刺激」に対して弱い肌のことをいいます。普通の人が使っても問題のない化粧品やケア用品でも、
・ほてり
・かゆみ
・痛み
・かぶれ
といった症状が起きてしまうデリケートな状態です。

これは間違ったスキンケアの他にアレルギーや栄養不足が原因の場合があります。外からの刺激を受けやすくなり、肌が乾燥し、敏感に傾いてしまうことが原因として考えられます。

間違ったスキンケアが原因の場合も多いので、敏感肌にいい、もしくは敏感肌にしないようなスキンケアをしましょう!

敏感肌にオススメのコスメ

角質をケアしてターンオーバーをうながしたり、保湿力を高めて炎症を抑えたり…

様々な方向から敏感肌にオススメできるコスメを集めてみました!

▼クリニーク

レッドネスソリューション デイリーリリーフクリーム

大変おだやかなオイルフリークリームで、赤みや刺激を抑えて落ち着いた肌にします。外的刺激による更なるダメージに負けない肌を作ります。超敏感肌にお勧めします。

香料を一切使っていない、肌への優しさに徹底的にこだわっているコスメブランドです。

▼シャネル

イドゥラ ビューティ マイクロ セラム

マイクロ フルイディック テクノロジーを応用し、カメリア由来の有用成分(ツバキ花エキス(保湿成分))を閉じ込めたバブルを配合した初めての保湿美容液。この先進テクノロジーが有用成分をピュアな状態のまま、肌のすみずみにまで(角質層まで)届けることを可能にしました。

美容液の中に入っているバブルが角質層まで潤いを届けて敏感肌を予防してくれます。

朝は化粧水の後、化粧下地の前に、夜は化粧水の後乳液の前のスキンケアに使っていました。肌の内側の水分量が増え、ハリが出てきたように感じます。

▼リビジョンスキンケア

角質ケアで肌再生!フィニッシングタッチ

肌表面の乾いた不要な角質を取り除き、やわらかく滑らかに整える角質ケアアイテム。
細かい線やシワを滑らかにし、色むらの原因となる角質を取り除きます。ポリネシアの火山性黒砂と超微細の軽石が不要な角質をケアします。

 - Uncategorized

男性ホルモン