トレンド101

日常生活に役立つ情報を発信!

まずは認め、諦めること…失恋で気持ちの整理をつけるためには?

   


■失恋で気持ちの整理がつかない時にはどう整理をつける?

簡単に立ち直れるほど軽い気持ちで恋愛をしていないはずですから、なかなか気持ちの整理はつかないものです。ですがいつまでも引きづっていては立ち直れませんし新しい出会いのチャンスも潰してしまいます。

・失恋を認める

失恋を認める気持ちというのは、今までの恋と決別をするということ、今まで頑張った気持ちを諦めること、そして相手に気持ちを認めてもらえなかったということ、そんな認めたくない様々な気持ちを、失恋という形で認めなくてはいけません。

立ち直れないという理由には、失恋をどこかで否定をしているからであり、まだどこかで期待をしてしまっているからなのです。失恋をしたことを認めることが、失恋から立ち直るためには最も大切なことだと言えます。

・叶わないと諦める

叶わないと諦める気持ちを持つのは、失恋を認める気持ちを持つ以上に難しく切なく辛いことかもしれません。どんなに頑張ってもこの恋が叶わないと諦める気持ちは、簡単に出来れば苦労しないからこそ、多くの人が悩んでいることだと思います。

しかし失恋を認める気持ちや今まで頑張ってきたという気持ちを認めた上で、叶わないと改めて思うことが失恋から立ち直る秘訣なのです。

・頑張った自分を認める

失恋をして立ち直れないということは、それだけ自分はその恋に対して体当たりで頑張ったということになります。頑張った結果、その気持ちが報われなければ、なかなか失恋に対して前向きになれませんし、頑張ったからこそ失恋を認めたくないかもしれません。

しかし頑張った自分を認める気持ちというのは、自分の自信にも繋がります。自信が湧いてくれば、新しい恋を探していけそう、好きな人が出来た時に頑張れそうと前向きになることが出来て、失恋から自然に立ち直ることが出来るようにもなるのです。

・寝る前に相手のことを考えたりしない

人間の感情というのは、相手と会っている時よりも一人で過ごしている時の方が想いや考えが倍増されるものです。要するに、ふと一人になって考える時間が出来た時に相手のことをついつい思い出したりしてしまうのです。特に、寝る前というのは必然的に自分と向き合うこと時間が多くなります。毎日のように寝る前に別れた恋人のことを考えていると、夢にまで出てきてしまったり失恋の辛さが増してしまう可能性も。まずは、寝る前にテレビでも見て相手のことを考えないように心掛けていきましょう。

・別れるのか復縁をしたいのかハッキリとさせる

恋人と別れた後に曖昧な気持ちのままでいると、いつまで経っても気持ちの整理などつきません。別れた後は、まず自分が今後どうしたいのかをハッキリと決めましょう。出来る限り早い段階で決断することをオススメします。中途半端な気持ちでいることが、最もダラダラと気持ちを引きずる原因になりますよ。

・冷静になって失恋の理由をリストアップしていく

失恋で最もつらいのは、「別れた理由が分からない」というものです。

また、本当は別れなければならなかった理由に心当たりがあるものの、失恋の傷と向き合うのが怖くて見て見ぬふりをしているという人も中にはいるでしょう。

しかし、いつまでも失恋を引きずっていても良いことなんて一つもありません。失恋から立ち直る第一歩として、失恋に至った理由と向き合うことがとっても重要なポイントになります。

失恋の理由を改めて認識することで、自分の中の改善点を見つけることができますし、「次の恋ではこんな失敗はしないぞ」とポジティブな気持ちに切り替えることだってできます。

ここでは、失恋の理由として挙げられる例について挙げていきます。もし心当たりのあった人はチェックしておき、テキストデータや手書きなどで実際に書き出してみましょう。

自分の手で書き出すことで、冷静になりつつ客観的に失恋の理由を再確認できます。

・恋愛スタイルを振り返る

失恋で終わった恋には後悔がつきもので、「あんなことをしなければ良かったかな」「ああしておけば、良かったのかも」と後悔の渦にのみ込まれてしまうもの。この失恋を糧にして自分が成長するためには、自分の恋愛体質や傾向をに目を向けることが大切です。つまり、恋をするとき自分はどういう行動や思考の癖があるのかをよく考えてみましょう。

例えば、彼と毎日連絡を取らなくては不安になってしまうところがあって、結局彼からうるさがられてしまうなら、しばらく彼から連絡が来るまで待つことを覚える…どうでも良いような嘘が癖で相手から信用されなくなってしまうなら、嘘はつかないようにする…など、自分の恋のスタイルに反省点と改善策を見つけましょう。そうすることで、次の恋がより素敵な恋愛になるのです。

・時の経過に逆らわずにそれどころか拍車をかけてみる

失恋は辛いものですよね。本気で好きであればあるほど、傷つき立ち直るのに時間がかかります。けれども時間はどんなキズも癒してくれる万能薬。苦しくてとても乗り越えられない気がする失恋さえも、少しずつ時間があなたの味方をして心を癒してくれます。

無理に忘れようとすることはできないけれど、だからといってアナタのキズを癒してくれる時間の経過に逆らうように失恋を引きずるのもナンセンス。時間の経過を上手に利用するためには、勇気を出して失恋のキズに立ち向かい、辛くても今回の恋の失敗や後悔を一度整理してみることをお勧めします。気持ちが整理できれば落ち着きます。次の恋への心がまえもできます。

・改めて自分を見つめなおすこと

なぜ振られてしまったのだろうと考えたとき、思い当たることはありますか?いくら考えても、いくら悩んでも答えは出ませんね。
彼は自分自身ではないのだから、答えが出なくて当然ですよ。
きっと彼にとって何かあなたと合わないものがあったのでしょう。
あなた自身を否定したわけではなく、あくまでも「彼にとって」の何かが合わなかったからなのです。
自分を責めることはありません。

この失恋を機に、自分を見つめ直すいいキッカケとなります。
あのときこうすればよかったか、ああすればよかったと彼と過ごした日々を思い返し、自分の行動や言動を見直すことが出来ます。
もしかしたら恋愛そのもののやり方ではなく、人間としての常識おかしかったのかもしれないなど、いろんな角度から客観的に自分を見つめなおしましょう。
それによって次に恋をしたときには、このときの恋の失敗を生かせることが出来て、もっと素敵な恋が出来るようになります。

 - Uncategorized

男性ホルモン