トレンド101

日常生活に役立つ情報を発信!

恋人と別れる決め手になったこと【まとめ】

   


彼氏や彼女と別れる決め手になったこと

どんなに大好きだったとしても、相手の思いやりのない態度に一瞬にして気持ちが冷めてしまうケースもあるので、現在、パートナーとの関係が順調だとしても油断は禁物。
結婚する意志がないことや、隠している借金やギャンブル癖があり、金銭トラブルに繋がることなど、将来への希望が持てなくなる要素は別れる決め手になりやすいのです…。
実際に別れを決意して行動に移した人たちのエピソードから、彼氏や彼女と別れる決め手になったことのポイントをチェックしてみましょう。

1. 婿入りを要求された

結婚を考えていた相手は二人姉妹で、先方の姉が結婚していました。初めは、婿養子をとらないからと言われていたのに、いざ御挨拶に伺ったら、「婿養子に入ってほしい」と言われ結婚を断念しました。
私は二人兄弟の長子で家を守っていく必要があるため、次の相手を探しています。デリケートな問題なので、軽はずみなことを言わずに、誠意を示して欲しかったです。(35歳/男性)

2. 価値観や考え方の違い

彼氏と別れる理由として最もよく聞くのが、この価値観の違いです。価値観の違いとは、方向性や目的地、金銭感覚や時間の使い方、愛情表現の仕方などです。

方向性とは人生設計に深く関わる問題です。この先どうなりたいかという目的地に大きな違いがあると互いの行動がいちいちズレてくるので、一緒にいるのは難しいと感じる人が多いようです。

また、金銭感覚が違うとなかなか結婚を考えられなかったり、大人数で過ごしたい人と一人でいるのが好きな人では、行動パターンが重ならず苦労するでしょう。

愛情表現については、どちらかがあまり表に出さなかったとしてもちゃんと気持ちはある、という事が多いです。それを彼氏と別れる理由として考えているのなら、その前に話し合ってみるべきでしょう。

3.男性として見る事ができなくなった

長く一緒にいると当然こういった事態も起こり得ます。例えば子どもが生まれて母親にでもなれば珍しくないようですが、結婚する前にそうなってしまったなら彼氏と別れる理由としては尤もでしょう。

恋人関係や夫婦関係にあると、キスやハグなどなかなか避けて通れません。ですが、すでに彼を男性として見られないのなら、そういう行為は苦痛ではないですか?

彼が理解のある人なら良いですが、今後あなたがそういった行為を拒むようになれば関係を続けていくのは難しいでしょう。いくつかの彼氏と別れる理由の中でも致命的です。早めに決断をした方がお互いのためかもしれませんね。

4. 彼の束縛から自由になりたくて

彼から束縛があっても、最初うちは愛情表現のひとつだと思って疑わずに従順にしたがっていた。けれど、最近は周囲のカップルを見渡して冷静に判断したらやっぱり束縛の度が過ぎると思い、はやく彼から自由になりたい!という理由で別れるカップルもおります。

5.彼の前では自分らしくいられないこと

彼の前では、彼に好かれる彼女を演じてしまい気疲れする。最初のうちはそれでよかったが自分自身を偽っていることや何となく彼も騙している罪悪感と、本当の自分で彼に接したいけれども本当の自分が嫌われた時の恐怖感があって…その葛藤でストレスがたまって別れてしまう。

6. 自分の心変わり

・「自分の気持ちが変わり、相手に別れを求めたらストーカーになった」(30歳/金融・証券/営業職)

・「3ヶ月で気持ちが冷めてしまった」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「私の誕生日にハワイ旅行をプレゼントしてもらったのですが、なんだか急に冷めてしまって私が空港に行かなかった」(32歳/医療・福祉/専門職)

7. 情だけで付き合っている

気持ちは冷めてしまっているけど、相手が優しすぎて別れを切り出せないというパターンもあると思います。特段相手の悪いところは見つからないのに、なぜか気持ちだけが冷めてしまい、伝えることができずに、ずるずると惰性で付き合ってしまっているという時です。そういう時は、相手に情だけがうつってしまい、自分が女の子として振る舞えなくなってくることもあります。

それがあなたにとって、安らぎになりプラスの影響であるのであれば、別れる必要はありません。むしろ、恋愛に刺激を求めすぎて本当に大事な人を手放してしまうこともあるからです。

8. 夢がある

『子供の頃からの夢があって海外留学を決めたんです。彼は反対せず背中を押してくれました。別れは告げられませんでしたが、実際海外と日本で交際を続けてくのは不可能だと思いました。勉強にも集中したいし、彼にも悪すぎると思って……。でもしばらくは後悔して泣いてばかりいました。(22才・学生)』

夢と恋愛……現実問題、両立は難しいのかもしれません。考えた末の別れ、その選択が正しかったかどうかは本人にしか分かりません。でも背中を押してくれた彼には愛を感じますね。

9. 好きな人ができた

『別の男性を好きになってしまいました。彼を嫌いになったわけじゃないんです。でも忙しすぎてなかなか会えないし、気持ちがわからなくなって……そんなことを相談していた男性でした。彼への気持ちも残っていたけど、二股かけるのは嫌なので決断しました。(23才・ショップ店員)』

どちらが悪いとはいえない原因ですね。両方とつきあってしまうと浮気になってしまいますから、決断は必要でしょう。

 - Uncategorized

男性ホルモン