トレンド101

日常生活に役立つ情報を発信!

これはスゴイ!《勉強にもダイエットにも人間関係にも》なりたい自分になれる!理想を叶える【ABC分析】

   


この記事は私がまとめました

MinimiQさん

心理学にはいくつかの流派があります。

その中の「行動科学」という流派の基本的な図式に【ABC分析】と呼ばれるものがあります。

人の行動は全て次に述べる【A・B・C】から成り立っています。

ABC分析:

ABC分析とは、主に行動療法や認知行動療法の分野で使われます。人の一連の行動を3つに分類して、何が原因でそれがどうなってとある行動に繋がったのかを調べていく為に使う行動の分析方法の一つです。

【ABC分析】の・・・・・

「A」はAntecedent(先行条件)

  →こういう時

「B」はBehavior(行動)

  →こういうことをして

「C」はConsequence(結果)

  →こういう結果になる、こういう結果になった

を表します。

<例1>

(こういう時)=午後から雨が降る予報
(こういうことをして)=傘を持っていく
(こういう結果になった)=雨に濡れなかった

<例2>

(こういう時)=ビュッフェが好き
(こういうことをして)=限界まで食べる
(こういう結果になった)=食べ過ぎて太る

<例3>

(こういう時)=月曜までの宿題がある
(こういうことをして)=どうにかなると先延ばしして、月曜の朝に慌ててやる
(こういう結果になった)=全部終わらなくて怒られた

<例4>

(こういう時)=受験生
(こういうことをして)=無計画にやる気のある時だけ少し勉強した
(こういう結果になった)=落ちた

<例5>

(こういう時)=幼児の子供が熱を出して病院に行った
(こういうことをして)=慌てて出かけたのでほぼ手ぶら
(こうなった)=子供がぐずって大泣きした

身近な例を書くとよくわかると思いますが、「A」という現状を「C」という結果に導く時、それはどのような行動を「B」に当てはまるかによって変化します。

先ほどの<例3>の場合、「B」の行動を変えてみたらどうなるでしょうか

 - Uncategorized

男性ホルモン