トレンド101

日常生活に役立つ情報を発信!

フリーフィギュア原型師「辻村聡志」さんの美女リアル系フィギュア塗装講座

   


この記事は私がまとめました

フリーフィギュア原型師「辻村聡志」さんのリアルフィギュアの塗装方法をまとめました。

tranza70さん

基本的な肌の塗装方法

赤みはタミヤエナメルピンク(X-17)に艶消し添加剤を溶かした艶のないピンクです。
赤をそのまま使うと、可愛げがなくなります。

わたしの基本的な肌の塗装方法です。
タミヤエナメルを使用しておりますが、ゆるい肌色を数回に分け塗り重ねていきます。
ある程度の所で、赤紫を口、目のあたりに差して様子を見
そののち目に白を塗ります。(サフの白を残しても可です)

髪は最初全体に黒を塗り、その後オレンジをうねりの盛り上がった所にドライブラシの要領で塗り整えます。

リアルフィギュア系の「顔の塗装」手順

フィギュアの顔を塗装する際のコツとしては特定の人物に似せる必要のある場合、写真を目の前に置く事は必須です。

眉の形、濃さなどを上手く再現してやると似てきますので、工夫してみてください。

眉の形で表情が変わります。
この子は両眉頭の間を開け気味にしました。
リラックス感を表現しています。

数ミリの瞳を描くのは困難

数ミリの瞳を描くのは困難です。
ラッカーをお使いの方は瞳だけエナメルで塗装する事をお勧めします。
エナメルをお使いの方は
何度でも洗浄できるように、つや消しのラッカーでコーティングしてやると良いです。
私も失敗したくない時やってます。

まつ毛と眉毛の表現

まつ毛の表現で、こげ茶、黒を使っていますが、二重のラインとは別に、まつ毛のライン(アイライン)を外側に大きくはみ出す様に塗ってやると目力のある美しい女性の顔になります。

眉毛の流れ方は法則がある様に思います。
眉頭は垂直、次第に斜めに、そして下方向へ毛先が流れる様になっているようなので、フィギュア、絵画を制作する際はこの点に配慮するとよりリアルに見えます。

肌がざらついたら

 - Uncategorized

男性ホルモン